コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海北友徳 かいほう ゆうとく

美術人名辞典の解説

海北友徳

江戸後期の画家。京都生。友三の子。名は照道、通称は斎之助。禁裏御用絵師を努めた。弘化4年(1847)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海北友徳 かいほう-ゆうとく

1763-1847 江戸時代後期の画家。
宝暦13年生まれ。海北友三(ゆうぞう)の子。寛政2年京都御所造営の際,障壁画をえがいた。弘化(こうか)4年3月8日死去。85歳。名は照道。通称は斎之祐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

海北友徳の関連キーワード堀江友声