コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外社員登録制度 かいがいしゃいんとうろくせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海外社員登録制度
かいがいしゃいんとうろくせいど

原則として入社時から定年まで海外勤務を前提として日本人幹部候補要員および幹部を登録する制度。企業活動の国際化の進展とともに,各企業では海外要員の確保が大きな課題となってきた。日本企業の場合現地人の本社における幹部への登用が少ないため,いきおい日本人の幹部要員に頼らざるをえない。しかし,その供給と運用には多くの問題がある。そこでこの制度が設けられた。ここに登録されると終身海外社員となり,勤務・異動も原則的には現地法人間,あるいは世界複数本社間で行なわれる。なかなか進まない日本企業の現地化に対して,日本人社員が現地化することで対応しようとするのが狙いである。しかし他方では,むしろ外国人をもっと登用して要員の国際化を図るべきであるという考え方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android