コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海峡経済圏 かいきょうけいざいけん

1件 の用語解説(海峡経済圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海峡経済圏
かいきょうけいざいけん

両岸経済圏ともいう。台湾と対岸の中国福建省を中心とする経済圏。もともと,言語,文化など結付きの深い地域だったが,中華人民共和国の成立以来,政治的に交流が妨げられてきた。しかし,中国が対外開放政策に転じた 1980年代以降,ホンコンを経由した間接貿易が毎年 40%の割合で増加していた。 92年5月には中台間の技術交流が解禁されるなか,直接投資もホンコンに次ぐ規模となっており,そのかなりの部分が福建省に集中している。中国側も福建省の沿海地区に台湾企業専用の経済開発地区を設けるなど,台湾資本の誘致に努めており,海峡をはさんだ経済圏は現実のものになりつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone