コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底津波計 かいていつなみけい ocean bottom tsunami gauge

1件 の用語解説(海底津波計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底津波計
かいていつなみけい
ocean bottom tsunami gauge

津波予報のために,沖合の海底に設置して水圧変化を測定し,そのデータをもとに水位変化を捕らえる装置。海面の波浪は短波で,その水圧変化は表層に限られるが,潮汐や津波は長波であるから,水圧変化は海面と海底ではほとんど変わらない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海底津波計の関連キーワード海底地震津波床固め津波予報氏の院防災速報量的津波予報すべり量と津波海洋研究開発機構の地震・津波観測監視システム地震・津波観測監視システム(DONET)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海底津波計の関連情報