コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底津波計 かいていつなみけいocean bottom tsunami gauge

1件 の用語解説(海底津波計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底津波計
かいていつなみけい
ocean bottom tsunami gauge

津波予報のために,沖合の海底に設置して水圧変化を測定し,そのデータをもとに水位変化を捕らえる装置。海面の波浪は短波で,その水圧変化は表層に限られるが,潮汐や津波は長波であるから,水圧変化は海面と海底ではほとんど変わらない。この装置は,沖合の海底で水圧変化を測定し,ケーブルを使ってデータを陸上の監視局へ送信し,陸上で常時監視するもので,日本では気象庁御前崎沖に1ヵ所 (水深 2200m) ,房総半島沖に3ヵ所 (1910m,2100m,4010m) 津波計を設置している。沖合では津波による水位変化は,沿岸ほど大きくないので,信号検出のために精度の良い測器が要求される。なお,津波計に併設して海底地震計が置かれており,周辺海域の地震の綿密な観測・調査が行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海底津波計の関連情報