海府海岸(読み)かいふかいがん

百科事典マイペディアの解説

海府海岸【かいふかいがん】

新潟県佐渡島の海岸(名勝)。佐渡弥彦米山国定公園に属し,相川から北端の弾(はじき)崎までを外海府弾崎から両津までの両津湾岸を内海府という。特に外海府の断崖や岩礁の景観が雄大で,尖閣(せんかく)湾,平根崎の波食甌穴(おうけつ)群(天然記念物)がある。
→関連項目相川[町]佐渡島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の海府海岸の言及

【外海府・内海府海岸】より

…新潟県佐渡島最北端の弾(はじき)崎から大佐渡山地西側の相川町下相川に至る海岸を外海府海岸,弾崎から東海岸の両津市黒姫までを内海府海岸と呼ぶ。合わせて佐渡海府海岸として名勝に指定されている。…

※「海府海岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android