コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両津 りょうつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両津
りょうつ

新潟県佐渡島佐渡市中部の旧市域。両津湾に臨む。1954年両津町と加茂村,河崎村,水津村,岩首村,内海府村の 5村および吉井村の一部が合体して市制。2004年佐和田町はじめ 7町 2村と合体し,佐渡市となった。区域は両津湾をいだくように S字形をなし,南北約 40kmにも及ぶ。中心市街地の夷地区,湊地区は潟湖である加茂湖をせき止めた砂州上に細長く発達。江戸時代は島の南端小木港が島の表玄関であったが,明治1(1868)年新潟港が開港場の一つに指定されると両津港はその補助港として整備され,さらに 1885年新潟港との間に定期船が通じてからは両津港が佐渡の表玄関となった。定置網・刺網漁業,イカ漁などの沿岸漁業も行なわれ,漁港としても繁栄。また,鷲崎,北小浦,黒姫などでもブリの大型定置網漁が行なわれる。1970年外海府道路も完成,佐渡海府海岸(国指定名勝),ドンデン山などもあり,佐渡観光の拠点となっている。羽吉の大クワは国の天然記念物。国指定重要無形民俗文化財の人形芝居と車田植を伝える。佐渡弥彦米山国定公園小佐渡県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうつ〔リヤウつ〕【両津】

新潟県、佐渡島東部にあった市。両津湾に面し、佐渡島の玄関口として発展。平成16年(2004)佐渡郡9町村と合併し、佐渡島全島で佐渡市となった。→佐渡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうつ【両津】

新潟県佐渡市の地名。両津湾に臨む。新潟市との間に定期航路があり、佐渡島の玄関口。水産業・観光業が盛ん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両津
りょうつ

新潟県佐渡島(さどがしま)にあった旧市名(両津市)。現在は佐渡市の北から東を占める一地区。1954年(昭和29)両津町と加茂(かも)、内海府(うちかいふ)、河崎、水津(すいづ)、岩首(いわくび)の5村、吉井村の一部が合併して市制施行。1957年相川(あいかわ)町の一部を編入。島内唯一の市であったが、2004年(平成16)、佐渡郡の相川町、佐和田(さわた)町、金井(かない)町、新穂(にいぼ)村、畑野(はたの)町、真野(まの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町、赤泊(あかどまり)村と合併して佐渡市となる。旧両津市は佐渡島北東部、両津湾岸に位置する。中心市街は両津湾頭の加茂湖岸の砂州上に発生した漁村で、近世までは佐渡の玄関口は南西端の小木(おぎ)港であった。両津が港町に変わったのは、明治初期新潟港が五大開港場に指定され、両津港は補助港として諸国の出入船舶が多くなり、さらに1885年(明治18)佐渡汽船会社が定期航路を開いてからである。現在は、最新式ジェットフォイルをはじめとして3000トン級のカーフェリーが就航して、年間80万人といわれる観光客を運んでいる。埠頭(ふとう)広場は観光ターミナルになっており、島のバス交通の基点をなしている。砂州上の本町通りがメインストリートで、ホテル、土産物(みやげもの)店、商店街が並び、海岸通りは魚市場や倉庫が建ち並ぶ沿岸漁業の水揚げ港として、年間約9000トンの漁獲高をあげている。近年の水産資源の減少に伴い、とる漁業から育てる漁業への転換も図られている。加茂湖はカキの養殖が盛んで、湖岸には近代的大ホテルが建ち並び、船遊びもできる。湖岸台地上には佐渡空港もある。内海府海岸やドンデン山、東海岸は佐渡弥彦米山(やひこよねやま)国定公園に属する景勝地で民宿が盛んであるが、過疎化に悩まされている地区もある。[山崎久雄]
『『両津市史』全5巻(1982~1989・両津市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

両津の関連キーワードこちら葛飾区亀有公園前派出所外海府・内海府海岸新潟県佐渡市秋津芸能とトキの里新潟県佐渡市外海府海岸佐渡[市]内海府海岸両津[市]小木[町]畑野[町]佐渡汽船両津甚句国中平野定期航路本間 整姫埼灯台おけさ丸新潟市赤玉石

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両津の関連情報