海御座船(読み)うみござぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海御座船
うみござぶね

江戸時代の将軍や大名などの航海用として特別念入りに造られたお召し船。河川用の川御座船に対しての呼称。近世では,中国・西国筋の大名が参勤交代に使ったが,船体は通常の関船 (せきぶね) 造りで,これに豪華な屋形を設けたので,御召し関船ともいった。江戸幕府の『天地丸』,高松藩の『飛竜丸』,熊本藩の『波奈之丸』,薩摩藩の『住吉丸』などがその典型で,いずれも全長約 30m,幅 7m前後,深さ 2mあまりの船体に美しい2階造りの屋形を設けていた。櫓は 70~80丁立てであるが,2人漕ぎの大櫓では 50丁立て前後であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海御座船の関連情報