コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川御座船 かわござぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川御座船
かわござぶね

航海用の海御座船に対して,河川のみで使用する近世大名のお召し船。江戸時代では,幕府と中国・西国筋の諸大名が大坂に配備したものが代表的で,参勤交代のときや朝鮮使節琉球使節の江戸参府のおり,淀川の上り下りに使用された。また大名が国元の河川で海御座船までの航行に使うものもあった。一般に喫水の浅い川船に,2階造りの豪華な屋形を設け,船体ともに朱塗りとした優美な屋形船で,特に幕府の『紀伊国丸』や『土佐丸』は,大型のうえに絢爛豪華な装飾もあって,川御座船の典型とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かわござぶね【川御座船】

江戸時代、幕府や諸大名が河川で使用した豪華な大形の屋形船。
町方の船遊山などに賃貸しする屋形つきの川船。大坂界隈での呼称で、江戸では町御座船・借御座船がこれに相当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

川御座船の関連キーワード町御座船船屋形町方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android