コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川御座船 かわござぶね

2件 の用語解説(川御座船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川御座船
かわござぶね

航海用の海御座船に対して,河川のみで使用する近世大名のお召し船。江戸時代では,幕府と中国・西国筋の諸大名が大坂に配備したものが代表的で,参勤交代のときや朝鮮使節琉球使節江戸参府のおり,淀川の上り下りに使用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわござぶね【川御座船】

江戸時代、幕府や諸大名が河川で使用した豪華な大形の屋形船。
町方の船遊山などに賃貸しする屋形つきの川船。大坂界隈での呼称で、江戸では町御座船・借御座船がこれに相当する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川御座船の関連キーワードあいびき/江戸の女たち侍よさらば/江戸・明治元年桜江〈町〉江川町江木町江島町江洲江西町江里町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川御座船の関連情報