コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海東繹史 かいとうえきし

1件 の用語解説(海東繹史の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうえきし【海東繹史】

朝鮮,李朝の学者韓致奫(かんちえん)(1765‐1814)が中国,日本の書籍545部から朝鮮関係記事を集めて編纂した書籍。70巻26冊。東夷諸国と檀君時代から高麗までの歴史を述べた〈世紀〉をはじめ,全体を17の志・考に分け,引用文に考証と見解が加えてあり,正祖時代の実学派の一大成果といわれる。続編に,韓致奫の遺稿を彼のおい韓鎮書が編纂した《地理考》15巻があり,地理研究資料として評価が高い。【吉田 光男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海東繹史の関連キーワードアンチエイリアス鄭麟趾李朝李朝実録メチエアンチエイジングサンテチエンヌ遅延時間フレンチエンダイブ智演