コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海水温度 かいすいおんどtemperature of sea water

知恵蔵の解説

海水温度

海水の表層温度は一般には高緯度ほど低くなる。等緯度でも寒流域は暖流域より低温である。海面付近の海水は風に誘発される渦運動によって攪拌混合されるため、上下の温度差はほとんどないが、それより深くなると温度は急激に低下し(水温躍層)、海面下1000mで5〜0℃に達し、それ以深では水温はほとんど一定。海水の密度は温度と塩分によって決まり、低温で塩分濃度が高いほど密度は大きくなる。密度が異なる海水同士が出合ってもすぐには混じり合わず、重い水塊は軽い水塊の下に沈んで斜めの境界面(潮境〈しおさかい〉)をつくる。潮境が海面と接する潮目は、栄養塩に富む深層水が上昇していて、よい漁場になる。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

海水温度の関連キーワード海洋エネルギー発電再生可能エネルギー出力(原子炉の)酸素同位体温度計ポテンシャル水温ラニーニャ現象エボシミジンコグリーンランド海水温度差発電エネルギー資源ラニーニャヒビミドロ宮古動物群海洋深層水海洋資源海洋開発衛星漁業古水温矢石明石

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海水温度の関連情報