コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海水温度 かいすいおんど temperature of sea water

1件 の用語解説(海水温度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

海水温度

海水の表層温度は一般には高緯度ほど低くなる。等緯度でも寒流域は暖流域より低温である。海面付近の海水は風に誘発される渦運動によって攪拌混合されるため、上下の温度差はほとんどないが、それより深くなると温度は急激に低下し(水温躍層)、海面下1000mで5〜0℃に達し、それ以深では水温はほとんど一定。海水の密度は温度と塩分によって決まり、低温で塩分濃度が高いほど密度は大きくなる。密度が異なる海水同士が出合ってもすぐには混じり合わず、重い水塊は軽い水塊の下に沈んで斜めの境界面(潮境〈しおさかい〉)をつくる。潮境が海面と接する潮目は、栄養塩に富む深層水が上昇していて、よい漁場になる。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海水温度の関連キーワード円筒図法寒帯逆転層湿球温度水温躍層モルワイデ図法湧昇流高緯度水温晶氷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海水温度の関連情報