コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮境 シオザカイ

デジタル大辞泉の解説

しお‐ざかい〔しほざかひ〕【潮境】

異なった二つの潮流の境目。海峡や寒流と暖流との交流点で見られる。多くよい漁場になる。→潮目(しおめ)
物事の境目。
「今が浮沈の―」〈二葉亭浮雲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

潮境【しおざかい】

潮目(しおめ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおざかい【潮境 boundary of water‐masses】

二つの異なる海流が接する界をいう。この境界線の両側には互いに性質の違った海水が存在するから,水温,塩分,水色,透明度などの差が大きく,肉眼でも潮境を見つけることができる場合が少なくない。潮境海域は二つの海流系の魚が集まりやすいだけでなく,普通栄養塩に富むので豊富な漁場となる。黒潮と親潮の潮境である三陸沖はその好例である。潮境は常に同じ場所にあるわけではなく,両方の海流の強弱関係によってその位置を変える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しおざかい【潮境】

異なる二つの海流が出合う所。しばしば潮目しおめが生じる。 → 潮目
河水と海水の境目。
物事が変化するところ。さかいめ。 「今が浮沈の-/浮雲 四迷

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮境
しおざかい
frontboundary of water masses

異なった性質の水塊の境界をいう。水温、塩分、栄養塩量など海水の物理的、化学的性質がほぼ一様なものの大きな塊(かたまり)を水塊という。たとえば親潮系と黒潮系の水塊がぶつかる日本の三陸沖では顕著な潮境がみられる。潮境では、水温、塩分、栄養塩、溶存酸素量などが急変し、水色、透明度も著しく変わるので肉眼でわかることが多い。潮目(しおめ)はこの潮境域にみられる表面の流れの局所的な収束帯である。潮境では海水は(植物プランクトンにとっての)栄養に富み生物生産力が高い。また三陸沖やラブラドル海流とガルフストリームとが相接するグランド・バンクス海域のように寒暖両水系の魚が集まるので好漁場となる。潮境では温度差の大きい寒暖両水塊があるため、海霧が多発し、また低気圧が急激に発達することもある。[半澤正男・高野健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の潮境の言及

【漁況】より

… 日本における漁況予測は1887年の水産予察調査に始まるとされるが,その後,海洋調査,漁場学的研究,漁況と海況との関係に関する研究が着々と進められ,今日の基礎を築いた。中でも〈魚群は潮目に集まる〉という北原多作の発見は,これを引き継いだ宇田道隆の潮目の研究により,〈海洋前線(潮境)は海洋生物の濃密に集まる水域を示し,そこには好漁場が形成され,通常海面に走る条目を現す潮目(収束線)がその指標となる〉というように拡張され,漁場開発に大きな貢献をした。 漁況予測は将来の漁獲量の予測であり,資源,環境,漁業の3者の予測を総合する必要があるが,漁業については管理可能であるので,ある状態(今年と同じとか)を仮定し,資源と環境という自然条件の予測を行う。…

※「潮境」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

潮境の関連キーワードチョウシャン(舟山)群島タイワン(台湾)海峡宮城(県)魚群探知機南極収束線ギニア海流オットセイ海水温情報潮境分布図津軽暖流海水温度黒潮前線筑羅が沖宇田道隆海洋前線北原多作津軽海流寒帯前線南極海カツオ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮境の関連情報