コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮目 しおめcurrent rip

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮目
しおめ
current rip

局所的に海水の流れが収束しているところ。ここを境に温度や塩分が不連続性を示す。潮目を境にして海水の色が違い,潮目に泡や海藻などが集ることが多い。2つの水塊の接する潮境海域にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しお‐め〔しほ‐〕【潮目】

速さの違う潮の流れがぶつかり合う場所で、海面上に細長く伸びた筋が見える所。その筋に沿って、藻、木片や泡などが集まり、さざ波がたつことがある。潮境によく見られ、好漁場となることが多い。潮の目。「海釣りは潮目を読め」
流れゆく物事が向かう方向。また、情勢が変化するその境目。「汚職発覚で県政の潮目が大きく変わる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

潮目【しおめ】

潮合(ちょうごう)線とも。海面にできる帯状の筋目。多くは性質の異なる水塊の接触面(潮境(しおざかい))が海面に現れたもの。油を流したように静かなもの,泡立つもの,さざ波の立つもの,また白波や三角波がしぶきをあげる大潮目などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおめ【潮目 current rip】

海の表層には流れが部分的に収束して線状をなすことがある。これを潮目という。潮境の海域では潮目が数多く存在する。収束によって海藻や木片などが集積するので肉眼でも判定できることが多い。【宮田 元靖】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しおめ【潮目】

異なる二つの潮流の接する海面に現れる帯状の筋。寒流と暖流の出合う付近などに見られ、しばしば好漁場となる。しおのめ。
転じて、物事の情勢が大きく変わろうとする時、その変わり目の方向をいう。 「日本経済の-を読む」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮目
しおめ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の潮目の言及

【漁況】より

… 日本における漁況予測は1887年の水産予察調査に始まるとされるが,その後,海洋調査,漁場学的研究,漁況と海況との関係に関する研究が着々と進められ,今日の基礎を築いた。中でも〈魚群は潮目に集まる〉という北原多作の発見は,これを引き継いだ宇田道隆の潮目の研究により,〈海洋前線(潮境)は海洋生物の濃密に集まる水域を示し,そこには好漁場が形成され,通常海面に走る条目を現す潮目(収束線)がその指標となる〉というように拡張され,漁場開発に大きな貢献をした。 漁況予測は将来の漁獲量の予測であり,資源,環境,漁業の3者の予測を総合する必要があるが,漁業については管理可能であるので,ある状態(今年と同じとか)を仮定し,資源と環境という自然条件の予測を行う。…

※「潮目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

潮目の関連キーワード日本のおもな水族館アクアマリン福島ラブラドル海流商品投資顧問トローリング海洋観測衛星北原 多作岩手(県)宇田道隆海水温度海洋前線北原多作対馬海峡シイラ流れ藻潮合漁況雑誌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮目の関連情報