コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋底拡大の理論 sea floor spreading theory

1件 の用語解説(海洋底拡大の理論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

海洋底拡大の理論【sea floor spreading theory】

中央海嶺や大裂谷に沿ってマントルの上昇流のためにマグマが上昇し,その結果海洋地殻が生成するので,新しい海底がつくられ,古い地殻は側方に押されながら,マントル対流によって運ばれて1年当たりで1~10cmほどの速度で中央海嶺から遠ざかり,海底が広がっていき,やがて海溝部にくると落ち込んで再びマントルへ戻るという壮大な理論.これによってヴェーゲナーの大陸移動説*の根拠が与えられたことにもなる.この仮説は海底の地形,地質,地球物理学上の諸現象を統一的に説明可能で,プレートテクトニクス理論に支持を与える.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海洋底拡大の理論の関連キーワード海洋底拡大説大西洋中央海嶺中央海嶺デプリート・マントルマントル・プルーム中央海嶺花崗岩正常中央海嶺玄武岩トランジショナル中央海嶺玄武岩富化中央海嶺玄武岩プリューム中央海嶺玄武岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone