海獣油

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海獣油
かいじゅうゆ
blubber oil

海中に生息するクジラ、イルカ、アザラシ、ウミガメなどの脂肉や骨などから採取した脂肪油の総称。工業的にもっとも利用されているのは鯨油(げいゆ)であるが、近年クジラ類の捕獲量は厳しく制限されており、生産量は著しく減少している。

[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる