海老の鰭槽(読み)えびのはたふね

精選版 日本国語大辞典「海老の鰭槽」の解説

えび【海老】 の 鰭槽(はたふね)

大嘗祭(だいじょうさい)、または新嘗祭(しんじょうさい)の時、天皇が手を洗われる器。土器で、両端にエビの(ひれ)のような手のついたもの。えびはたぶね。
延喜式(927)二「供新嘗料〈〉小匏二柄、日蔭二荷、魵鰭槽二隻、油三升」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android