海老沢 有道(読み)エビサワ アリミチ

20世紀日本人名事典の解説

海老沢 有道
エビサワ アリミチ

昭和期の日本史学者 元・国際基督教大学大学院教授;元・立教大学文学部教授。



生年
明治43(1910)年11月20日

没年
平成4(1992)年1月3日

出生地
兵庫県河辺郡尼崎町(現・尼崎市)

学歴〔年〕
立教大学文学部史学科〔昭和9年〕

学位〔年〕
文学博士(東京大学)〔昭和36年〕

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔昭和56年〕,キリスト教功労者(第19回)〔昭和63年〕

経歴
昭和16年応召、21年復員。24年聖心女子大学教授、27年国際基督教大学教授兼任、35年立教大学文学部教授、43年同大文学部長・ラテンアメリカ研究所長、51年国際基督教大学大学院教授を歴任。キリスト教史学会理事長も務めた。著書に「切支丹の研究」「南蛮学統の研究」「高山右近」「日本の聖書」「日本キリシタン史」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android