コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老沢有道 えびさわ ありみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老沢有道 えびさわ-ありみち

1910-1992 昭和時代の日本史学者。
明治43年11月20日生まれ。聖心女子大教授をへて昭和35年立大教授。51年国際基督教大大学院教授。この間38年キリスト教史学会初代理事長。キリシタン史,南蛮学の研究で知られる。平成4年1月3日死去。81歳。兵庫県出身。立大卒。著作に「南蛮学統の研究」「切支丹史の研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

海老沢有道の関連キーワードベッテルハイム南蛮寺興廃記切支丹屋敷アンジロウファビアン高山右近南蛮文化アレーニ高橋五郎パジェス阿部真造昭和時代コレア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android