コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海苔ひび のりひび

1件 の用語解説(海苔ひびの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海苔ひび
のりひび

浅草のりの養殖に用いるひび。古くから用いられたものに,小枝の多いかしやならなどの枝木や竹類を材料とした海苔粗朶 (そだ) があるが,昭和の初期から割竹を簀 (す) に編んだ竹簀ひび,やし縄,しゅろ縄を編んだ網ひびを竹杭で水平に張ったり,水平に浮かす方法が発達,現在ではほとんど合成繊維製の網ひびが使用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海苔ひびの関連キーワード浅草海苔家庭薬成句採苗器地っ子粗朶柿渋塗装網ひび浮き流し養殖ひび養殖(篊養殖)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone