コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海蝕 かいしょくmarine erosion

1件 の用語解説(海蝕の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

海蝕

海洋による浸食作用の総称で,浸食営力としての海の作用には,(1) 海流と波による物質の破壊および移動など海水の物理作用,(2) 波や潮流による砕屑片の往復運動により海底の岩盤がすりへる摩食作用,(3) 移動する砕屑片相互の衝突や摩擦による細粒化が行われる摩滅,(4) 海水により岩石が溶解される溶食,の四つの作用がある[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海蝕の関連情報