海蝕(読み)かいしょく(英語表記)marine erosion

岩石学辞典の解説

海蝕

海洋による浸食作用総称で,浸食営力としての海の作用には,(1) 海流と波による物質の破壊および移動など海水の物理作用,(2) 波や潮流による砕屑片の往復運動により海底の岩盤がすりへる摩食作用,(3) 移動する砕屑片相互の衝突や摩擦による細粒化が行われる摩滅,(4) 海水により岩石が溶解される溶食,の四つの作用がある[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海蝕の関連情報