コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海軍特別年少兵

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海軍特別年少兵

旧海軍が中堅幹部の養成で採用した14歳以上16歳未満の兵。正式名称は「練習兵」だが、部内では「特年兵」と呼ばれた。少年兵は早くから飛行兵や電信兵といった専門職種で採用。特年兵は新たに機関兵や整備兵など6兵種を指定して志願年齢を引き下げ、1942年9月入隊の1期生は15歳以上、翌年の2期生から14歳以上とした。戦局の悪化で教育期間は短縮され、戦闘要員として次々に前線へ。海軍特年会編「海軍特別年少兵」によると、4期生までの総数は1万8千人前後。1、2期生では約3200人が戦死した。

(2014-10-07 朝日新聞 朝刊 広島1・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

海軍特別年少兵の関連キーワード堀内恒夫シェンク東映(株)日中関係田中角栄内閣頭脳警察あがた森魚日本赤軍ふしぎなメルモテレビドラマ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海軍特別年少兵の関連情報