コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海陸風前線 かいりくふうぜんせん

1件 の用語解説(海陸風前線の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海陸風前線
かいりくふうぜんせん

海風前線と陸風前線のこと。局地的な不連続線の一種。海陸風の吹く海岸地帯で日中に海風が内陸に侵入すると、その先端部で内陸の暖かい気塊との間に密度の差の大きい不連続線ができるのが海風前線で、逆に夜に陸風が海上に流れ出すと、その先端部で海上の暖かい気塊との間にできるのが陸風前線である。海風による局地循環は高さが数百から1000メートル、陸風による局地循環は高さが400メートルくらいにまで達し、海陸風前線付近では、上昇気流下降気流があって航空機の着陸時の障害となることがある。また、大気汚染物質がたまりやすく、スモッグ前線ともなりやすい。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の海陸風前線の言及

【前線】より

…これには,山脈の風下にできる停滞性の渦流または反流と山塊の縁を回った気流との境界(房総前線),あるいは夜間に内陸の冷却でできた冷気と海上の気流との境界(北陸前線)を便宜的に前線と名づけたものが多く,これまで述べた大規模な前線と同一に取り扱えない。沿岸地方の海陸風の現象についても,海風または海陸風前線と呼んで海洋上の空気の侵入前面であるかのごとく表現することがある。これは海陸風循環の範囲を指し,この熱的に誘起された循環の領域のひろがるのを,あたかも前線の侵入のように考えている。…

※「海陸風前線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone