海風前線(読み)かいふうぜんせん(英語表記)sea breeze front

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海風前線
かいふうぜんせん
sea breeze front

日中,海から陸へ吹く陸風から海風に変わるときや,海風が陸地内部に侵入しているとき, 陸地内部の相対的に暖かい空気との境界に形成される局地前線。この前線の先端では風の収束が起こり,積雲が発生して, にわか雨が降ったり突風が吹いたり, 気温が急変したりすることがある。また近年は大気汚染との関連において研究が進み,夏に発生する光化学スモッグなどとの関係も調査されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいふう‐ぜんせん【海風前線】

〘名〙 海風が前線性の構造をもつ場合をいう。高緯度地方では海風が内陸部に吹きこんでくるとき、その先端が前線性の構造をもつことが多く、海岸内陸部のある場所に海風が達すると風向きは急にかわり、気温は不連続的に下降する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android