コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海風前線 かいふうぜんせんsea breeze front

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海風前線
かいふうぜんせん
sea breeze front

日中,海から陸へ吹く陸風から海風に変わるときや,海風が陸地内部に侵入しているとき, 陸地内部の相対的に暖かい空気との境界に形成される局地前線。この前線の先端では風の収束が起こり,積雲が発生して, にわか雨が降ったり突風が吹いたり, 気温が急変したりすることがある。また近年は大気汚染との関連において研究が進み,夏に発生する光化学スモッグなどとの関係も調査されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

海風前線の関連キーワード海陸風前線上昇気流

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android