コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鰓 ウミエラ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐えら【海×鰓】

ウミエラ科の腔腸(こうちょう)動物浅海の砂泥底に直立し、全長約20センチ。左右に葉状体がえら状に並ぶ。黄白または淡桃色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うみえら【海鰓】

腔腸動物花虫綱の群体をなす海産動物。魚の鰓に柄がついたような形で、砂泥底に立つ。薄桃色で長さ20センチメートル 内外。日本の沿岸に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海鰓 (ウミエラ)

動物。ウミエラ目のサンゴの総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

海鰓の関連キーワード内外分布沿岸群体

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android