コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鶏冠 ウミトサカ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐とさか【海鶏冠】

花虫綱ウミトサカ目の腔腸(こうちょう)動物の総称。暖海岩礁に多い。群体棒状・指状・きのこ状などを呈し、多肉質で軟らかく、表面は革質。柄の部分で岩礁に固着し、冠部に鮮やかなポリプが生じる。うみけいとう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみとさか【海鶏冠】

〔鶏のトサカ状であるところから〕
花虫綱の海産腔腸動物。10センチメートルほどの太い茎と、小さい個虫がたくさん付いた冠状部とがあり、ケイトウのような群体をつくる。黄褐色または赤褐色で、茎の部分は白い。暖海に分布し、浅海の岩に着生する。海鶏頭うみけいとう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海鶏冠 (ウミトサカ)

動物。ウミトサカ目のサンゴの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海鶏冠の関連キーワードケイトウ赤褐色海鶏頭黄褐色浅海

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android