消費的文化(読み)しょうひてきぶんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費的文化
しょうひてきぶんか

文化が本来は生産的なものであるのに対し,人間の営為的な側面を特定の非生産的なものに向けることによって人間を社会や政治から離脱させ,逃避,退行させるような機能を果す文化をいい,ここでは無関心大衆が形成されていく。資本主義経済が高度化した大衆社会化時代に特徴的なものといわれる。消費的文化として,商業主義的大衆娯楽やマス・コミュニケーションなどが典型とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android