コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費的文化 しょうひてきぶんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費的文化
しょうひてきぶんか

文化が本来は生産的なものであるのに対し,人間の営為的な側面を特定の非生産的なものに向けることによって人間を社会や政治から離脱させ,逃避,退行させるような機能を果す文化をいい,ここでは無関心大衆が形成されていく。資本主義経済が高度化した大衆社会化時代に特徴的なものといわれる。消費的文化として,商業主義的大衆娯楽やマス・コミュニケーションなどが典型とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

消費的文化の関連キーワード金沢(市)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android