コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消防団員 ショウボウダンイン

2件 の用語解説(消防団員の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうぼうだん‐いん〔セウバウダンヰン〕【消防団員】

他に生業を持ちながら、自分の居住する地域で消防活動を行う権限と責任を有する、非常勤特別職の地方公務員。→消防団

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消防団員

消防組織法に基づき、各市町村に設けられた消防組織に属する非常勤の公務員。災害時、常勤の消防隊員と協力して消火や住民の避難誘導にあたる。地理や近所の家族構成など地域の事情に詳しい点で、期待される役割は大きい。各市町村が条例で定める報酬は全国平均で年約2万5千円で、1回の出動手当が約3300円。総務省が目安とする報酬年3万6千円や出動手当7千円を下回る。1950年代に200万人いたが、現在約88万人に減少している。

(2013-01-31 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消防団員の関連情報