コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消防団員 ショウボウダンイン

2件 の用語解説(消防団員の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうぼうだん‐いん〔セウバウダンヰン〕【消防団員】

他に生業を持ちながら、自分の居住する地域で消防活動を行う権限と責任を有する、非常勤特別職の地方公務員。→消防団

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

消防団員

消防組織法に基づき、各市町村に設けられた消防組織に属する非常勤の公務員。災害時、常勤の消防隊員と協力して消火や住民の避難誘導にあたる。地理や近所の家族構成など地域の事情に詳しい点で、期待される役割は大きい。各市町村が条例で定める報酬は全国平均で年約2万5千円で、1回の出動手当が約3300円。総務省が目安とする報酬年3万6千円や出動手当7千円を下回る。1950年代に200万人いたが、現在約88万人に減少している。

(2013-03-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消防団員の関連キーワード消防団市町村条例消防組消防署市町村防災会議自衛消防組織消防組織法消防団と自主防災組織消防広域化自主防災会(自主防災組織)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消防団員の関連情報