消防署(読み)ショウボウショ

百科事典マイペディアの解説

消防署【しょうぼうしょ】

消防組織法に基づき市町村および特別区に置かれる機関の一つ。政令指定市町村では必置とされ,消防の設置,位置,名称,管轄区域は条例で定め,その組織は市町村長の承認を得て消防長(上部機関たる消防本部の長)が定める。
→関連項目消防消防団

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうぼうしょ【消防署】

市町村に置かれる消防機関。火災予防・消火活動のほか救急・水防活動を担当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の消防署の言及

【消防】より

…隊員は解放奴隷のなかから選ばれ,一定期間の服務後は本人とその家族に対してローマ市民権が与えられることとなっており,消防隊の社会的地位は高いものだったと想像される。また近年発掘されたローマの遺跡などから,当時の消防署施設や設備面などがきわめて充実していたことが確認されている。この消防隊は1隊が1000人で7隊(コホルテス)をもって編成され,その装備はバケツ,ホース,組立てばしご,斧,ハンマー,のこぎり,車の付いた水噴出器,および脱出用の大枕などであった。…

※「消防署」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消防署の関連情報