涎を垂らす(読み)よだれをたらす

精選版 日本国語大辞典の解説

よだれ【涎】 を 垂(た)らす

唾液を口から流し出す。また、空腹な時に食物を見て、非常に食べたくなるさま、転じて、美しいものなどを見てかわいい、ほしいなどという気持の強くなるさまにいう。よだれが出る。よだれを流す。
※源平盛衰記(14C前)一七「横目もせず、打頷許(うちうなづき)々々よだれとろとろ垂(タラ)して見入り給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android