涙川(読み)ナミダガワ

デジタル大辞泉の解説

なみだ‐がわ〔‐がは〕【涙川】

涙があふれ流れるのを川にたとえた語。また、川のように流れ出る涙。なみだのかわ。
「つれづれのながめにまさる―袖のみぬれて逢ふよしもなし」〈古今・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なみだがわ【涙川】

涙の多く流れることを川にたとえた語。とめどなく流れる涙。 「いづこにか送りはせしと人問はば心はゆかぬ-まで/堤中納言 はいずみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android