コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液化装置 えきかそうち

百科事典マイペディアの解説

液化装置【えきかそうち】

気体を液体に変化させるための装置。気体を断熱膨張させると温度が下がることを利用するのが一般的。圧縮した気体を細孔をもった弁から噴出させてジュール=トムソン効果により冷却させ,これを熱交換器に通して圧縮機に戻し,この過程を繰り返し次第に温度を下げ液化するハンプソン=リンデの液化法,円筒内で断熱膨張によって冷却した空気を,流入してくる気体の予冷に用いるクロード液化法,その改良であるクロード=ハイランド液化法などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報