コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予冷 ヨレイ

デジタル大辞泉の解説

よ‐れい【予冷】

野菜・果物貯蔵出荷の前に、鮮度を保持するため、あらかじめ冷やしておくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

予冷

 果実を高温時に収穫したあと,品質を保持するために早急に一定の温度まで冷却する操作.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よれい【予冷 precooling】

鮮度を保つため,出荷や貯蔵に先立って,野菜や果物を3~5℃程度にまで冷却すること。野菜や果物は,収穫後高温下に置かれると,呼吸蒸散を活発に行って,糖やビタミンなどの成分を消耗したり,しおれたりする。そこで,高温期に収穫する野菜や果物は,予冷によって温度を下げてから保冷庫市場に運び,その間の呼吸や蒸散を抑えて品質の低下を防ぐことが多い。ホウレンソウシュンギク,レタスなど,葉が軟らかく,しおれやすい野菜の産地は,これまでは,収穫してから市場に到着するまでの時間が短い都市近郊に限定されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よれい【予冷】

( 名 ) スル
野菜や果物の鮮度を保つため、出荷や貯蔵に先立ち摂氏3~5度にまで冷却すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

予冷の関連キーワードハム(豚肉の加工品)エアープレクーリングみやざきびっ栗液化装置空気調和加圧冷却氷予冷イチゴ予措摂氏西根

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

予冷の関連情報