コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断熱膨張 だんねつぼうちょうadiabatic expansion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断熱膨張
だんねつぼうちょう
adiabatic expansion

物体が外との熱の出入りなしにその体積を増すこと。理想気体の圧力を p ,比体積を v ,温度を T ,定圧比熱と定積比熱との比をγとすると,理想気体の準静的な断熱膨張ではポアソンの法則が成り立ち,pvγ が一定または Tvγ-1 が一定となる。γは1より大きいから,断熱膨張によって温度が下がる。断熱膨張に対して,気体を真空中に噴出させて膨張させるときのように仕事をしない場合を自由膨張という。理想気体は,自由膨張によって温度は下がらない。実在の気体たとえばヘリウムなどのガスでは,断熱膨張と自由膨張を用いて温度を下げ,ガスを液化することができる。またウィルソンの霧箱では,水蒸気を含んだ空気を断熱膨張して,過飽和の状態をつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だんねつ‐ぼうちょう〔‐バウチヤウ〕【断熱膨張】

熱力学で、気体が外部との熱のやりとりなしに膨張する現象。断熱変化の一つで、このとき気体は外部に仕事をして温度が下がる。→断熱圧縮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんねつぼうちょう【断熱膨張】

断熱変化の一。気体が熱の出入りなしにその体積を増大する現象。外部へ仕事をすることになるので内部エネルギーが減少し、気体の温度は下がる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の断熱膨張の言及

【極低温】より

…この方法は臨界温度の制限があるために,分子間の相互作用の強い気体でしか使えない。 第2の方法は断熱膨張である。気体を等温で加圧したのち,例えばピストンを後退させるように,気体になんらかの方法で外界に力学的仕事をさせると,気体分子の運動エネルギーが減少し温度が下がる。…

【断熱変化】より

…熱の出入りなしに行われる状態変化。断熱変化でも温度変化が起こり,通常,物体を断熱的に圧縮(断熱圧縮という)すると温度が上昇し,逆に断熱的に膨張(断熱膨張という)させると温度は下がる。ただし,ゴムのように熱膨張率が負のものでは断熱的に引き伸ばすと温度が上昇する。…

※「断熱膨張」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone