コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断熱膨張 だんねつぼうちょう adiabatic expansion

3件 の用語解説(断熱膨張の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断熱膨張
だんねつぼうちょう
adiabatic expansion

物体が外との熱の出入りなしにその体積を増すこと。理想気体の圧力を p ,比体積を v ,温度を T ,定圧比熱と定積比熱との比をγとすると,理想気体の準静的な断熱膨張ではポアソンの法則が成り立ち,pvγ が一定または Tvγ-1 が一定となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんねつ‐ぼうちょう〔‐バウチヤウ〕【断熱膨張】

熱力学で、気体が外部との熱のやりとりなしに膨張する現象。断熱変化の一つで、このとき気体は外部に仕事をして温度が下がる。→断熱圧縮

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんねつぼうちょう【断熱膨張】

断熱変化の一。気体が熱の出入りなしにその体積を増大する現象。外部へ仕事をすることになるので内部エネルギーが減少し、気体の温度は下がる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の断熱膨張の言及

【極低温】より

…この方法は臨界温度の制限があるために,分子間の相互作用の強い気体でしか使えない。 第2の方法は断熱膨張である。気体を等温で加圧したのち,例えばピストンを後退させるように,気体になんらかの方法で外界に力学的仕事をさせると,気体分子の運動エネルギーが減少し温度が下がる。…

【断熱変化】より

…熱の出入りなしに行われる状態変化。断熱変化でも温度変化が起こり,通常,物体を断熱的に圧縮(断熱圧縮という)すると温度が上昇し,逆に断熱的に膨張(断熱膨張という)させると温度は下がる。ただし,ゴムのように熱膨張率が負のものでは断熱的に引き伸ばすと温度が上昇する。…

※「断熱膨張」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

断熱膨張の関連キーワード肥大比容木戸口体膨張率断熱圧縮ガス遮断性瞬間弾性率排除体積ポアッソンの法則(断熱変化)5/4乗則

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone