コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液性免疫 エキセイメンエキ

百科事典マイペディアの解説

液性免疫【えきせいめんえき】

体液性免疫とも。生体の防御反応である免疫のうち,液性抗体である免疫グロブリン(Ig)によって行われる免疫反応。免疫グロブリンは,骨髄でつくられるB細胞から産生され,IgE,IgG,IgM,IgA,IgDの5種類がある。
→関連項目抗原抗体反応抗体細胞性免疫免疫グロブリン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の液性免疫の言及

【ウイルス】より

…インターフェロン系の働きは,ウイルス感染の初期にインターフェロンを産生し,生体の細胞を抗ウイルス状態にさせ,ウイルスの細胞内での増殖を抑えることにある。免疫系の働きには,抗体がつくられる液性免疫と,免疫細胞が働く細胞性免疫の2種類がある。液性の免疫系では,ウイルス粒子が非自己の物質として生体の免疫系に認識され,そのウイルスに特異的な抗体がつくり出される。…

※「液性免疫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

液性免疫の関連キーワード老化にともなう免疫異常と症状免疫のしくみとはたらき免疫グロブリンG組織適合性抗原免疫不全症候群ヌードマウス免疫不全症アレルギー免疫細胞免疫不全形質細胞リンパ球

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android