コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淀野隆三 よどの りゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淀野隆三 よどの-りゅうぞう

1904-1967 昭和時代のフランス文学者。
明治37年4月16日生まれ。梶井基次郎らの同人誌「青空」に参加。昭和5年北川冬彦らと「詩・現実」を創刊する。戦後,三笠書房専務をへて27年明大教授。プルーストの「スワン家の方」(共訳)やジッドの「狭き門」などの翻訳で知られる。昭和42年7月7日死去。63歳。京都出身。東京帝大卒。本名は三吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

淀野隆三の関連キーワードフィリップ(Charles昭和時代三好達治

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淀野隆三の関連情報