コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淋菌性結膜炎 りんきんせいけつまくえんgonorrheal conjunctivitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淋菌性結膜炎
りんきんせいけつまくえん
gonorrheal conjunctivitis

膿漏眼ともいう。淋菌の感染による結膜炎病原菌の侵入後,半日ないし3日で発病する。発病は急激で,激しい結膜炎症とともに多量の膿性分泌があるのを特徴とする。処置が遅れたり,誤ったりすると失明のおそれがある。成人性,小児性,新生児性があり,新生児性のものは,クレーデ点眼の励行によってほとんど消失している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の淋菌性結膜炎の言及

【風眼】より

…淋菌性結膜炎gonorrheal conjunctivitisの俗称。風や空気が原因でこの病気が起こるとされたことから,古くからこの名で呼ばれた。…

※「淋菌性結膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone