コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深尾角馬 ふかお かくま

2件 の用語解説(深尾角馬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深尾角馬 ふかお-かくま

1631-1682 江戸時代前期の剣術家。
寛永8年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。父河田理右衛門より丹石(たんせき)流をまなび,井蛙(せいあ)(雖井蛙)流の開祖となる。同流は鳥取藩剣術の主流となった。娘のことから人を殺害し,天和(てんな)2年10月27日切腹。52歳。名は重義(しげよし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

深尾角馬

没年:天和2.10.27(1682.11.26)
生年:寛永8(1631)
江戸前期の剣術家。鳥取藩士。河田利右衛門の子。名は重義,喜六と称す。岡山藩の家老池田之政に仕えたが,寛永9(1632)年鳥取藩への移封に従う。深尾家を継いで深尾角馬と改め,井蛙と号す。父から丹石流を学んだのち,東軍流,去水流,卜伝流,神道流,新陰流などの諸流を学び,雖井蛙(井蛙)流兵法を開く。化顕流,安心流の居合2流も創流したという。雖井蛙流は,角馬が学んだ諸流への返し技で構成されており,鳥取藩の剣術の主流となる。戊辰戦争で活躍し,のち大久保利通暗殺事件に連座した松田秀彦も同流の門下。角馬は牡丹の栽培も好んだというが,妥協を好まぬ性格で,娘の恋愛のこじれから相手方の親子を斬殺し,それがもとで切腹した。

(甲野善紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深尾角馬の関連キーワード幾度六右衛門大須賀文右衛門小田部三平小野忠常家所伊右衛門国家弥右衛門斎木三右衛門山東彦右衛門寺尾郷右衛門原田利重

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone