コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深度優先AE シンドユウセンエーイー

2件 の用語解説(深度優先AEの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんどゆうせん‐エーイー〔シンドイウセン‐〕【深度優先AE】

カメラの自動露出調整機構(AE)の一。撮影者が意図する被写体の最遠部と至近部の距離を測り、どちらにも合焦するように被写界深度を調整して、絞り値とシャッタースピードを自動的に制御する機能のこと。自動深度優先AE被写界深度優先AE

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

深度優先AE

  AF の測距を利用して、2点を測ることで被写界深度を優先させた撮影ができるAEモード。同じ2点を測れば被写界深度が浅くなり、奥行きのある2点を測れば深度が深くなる。キヤノンがAF一眼レフカメラEOS650で初めて採用した。現在では、自動的に深度が深くなるような自動深度優先AEが同社のデジタル一眼レフカメラなどに搭載されている。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

深度優先AEの関連キーワードSquid測距儀測光粘度計風速計水秤測距パッシブ方式アッベ屈折計浮きばかり

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone