コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深度優先AE シンドユウセンエーイー

デジタル大辞泉の解説

しんどゆうせん‐エーイー〔シンドイウセン‐〕【深度優先AE】

カメラの自動露出調整機構(AE)の一。撮影者が意図する被写体の最遠部と至近部の距離を測り、どちらにも合焦するように被写界深度を調整して、絞り値とシャッタースピードを自動的に制御する機能のこと。自動深度優先AE被写界深度優先AE

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

深度優先AE

  AF の測距を利用して、2点を測ることで被写界深度を優先させた撮影ができるAEモード。同じ2点を測れば被写界深度が浅くなり、奥行きのある2点を測れば深度が深くなる。キヤノンがAF一眼レフカメラのEOS650で初めて採用した。現在では、自動的に深度が深くなるような自動深度優先AEが同社のデジタル一眼レフカメラなどに搭載されている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android