深田 光霊(読み)フカタ コウレイ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「深田 光霊」の解説

深田 光霊
フカタ コウレイ


職業
吟詠

肩書
淡窓伝光霊流日本詩道会会長・宗家

本名
深田 光(フカタ ヒカル)

出身地
大分県 大野郡緒方町

学歴
国学院大学卒

経歴
15歳の頃から詩吟に親しみ、大学在学中には全国学生吟詠連盟を結成。旧制中津中(中津南高)教諭を務めていた昭和12年、江戸時代の詩人・儒学者である広瀬淡窓の流れをくむ詩吟“淡窓伝光霊流”を創始した。15年に吟詠全国大会を開いて以来、戦中戦後の混乱期も休みなく全国大会を開き、吟詠の発展に尽くした。日本吟剣詩舞振興会特別顧問、日本コロムビアレコード吟詠音楽会会長、国際朗吟文化協会最高顧問などを歴任。著書に「淡窓伝光霊流精選詩集」、エッセイ「円転」などがある。

受賞
勲四等瑞宝章,藍綬褒章 大分合同新聞文化賞〔昭和54年〕

没年月日
平成15年 7月7日 (2003年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android