コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混米 こんまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混米
こんまい

種々のを混ぜること。昔の米屋は各種の銘柄米を混ぜて消費者の好みに応じていたもので,腕の見せどころは混米技術にあったが,最近は品質の悪い米を良質の米にいかに混ぜてもうけるかという「格上げ」混米が主となっている。いかに米をうまくするかという本来の混米技術が,米離れ現象の歯止めのために要請されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こん‐まい【混米】

等級の異なる米、または新米古米を混ぜ合わせること。また、その混ぜ合わせた米。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんまい【混米】

別の品種・銘柄の米が混ざっていること。また、その米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

混米の関連キーワード自主流通米香り米等級外米品種銘柄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android