コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古米 コマイ

デジタル大辞泉の解説

こ‐まい【古米】

に対し、その前年にとれた米。ふるごめ。陳米(ひねごめ)。 秋》新米

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

古米

 流通上収穫後1年を経過したコメ.2年を経過すると古古米という.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こまい【古米】

その年の米がとれた後も残っている前年の米。とれて一年以上たった米。ふるごめ。 ↔ 新米

ふるごめ【古米】

古くなった米。去年とれた米。ひねごめ。こまい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古米
こまい

過剰米」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の古米の言及

【米】より

…軟質米は食味がよいが,炊き増えが少なく貯蔵性に劣り,夏期になるとかえって硬質米より食味が劣るようになる。日本では米は主食であるため周年利用されるが,本年度産米は翌年秋に新米が出回ると古米と呼ばれる。一般に新米は食味がよく古米は食味が落ち,ときとしてにおいも悪くなる。…

【生産調整】より

…一般的には商品の供給過剰を緩和することを目的とした需給調整政策の一つの形態を指すが,現代の日本では米の供給過剰に対する生産調整政策を指す場合に用いられる。米の潜在的生産力の向上と他方における米の消費量の傾向的減少の結果,食糧管理制度のもとで政府の古米在庫が増大し,1969年以降一貫して実施されている。 1967年,68年,69年と3年連続して1400万t台の米の生産がみられ,年々の米消費量を約200万t以上超えるものとなったので,米の生産調整政策が実施された。…

※「古米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古米の関連キーワード千葉県香取郡多古町自主流通米多古(町)江戸町会所生産調整食糧法大神力多古町米屋食品端境青米混米鮨米下用

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古米の関連情報