コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清人 きよひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清人 きよひと

1827-1901 幕末-明治時代の刀工。
文政10年生まれ。仙台藩士長野清右衛門の8男。鶴岡藩刀鍛冶師(かたなかじし)斎藤家の養子嘉永(かえい)5年江戸に出,清麿(きよまろ)に入門。7年に自刃(じじん)した師清麿が受注した刀剣数十をつくり,その債務を清算したという。明治9年の廃刀令布告後は,郷里山形県の温海(あつみ)温泉で旅館を経営した。銘は「庄内住豊前守(ぶぜんのかみ)藤原清人」など。明治34年10月3日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清人の関連キーワードポケットチェンバーバッドボーイズかたちあるものレオメーターフランク永井THE虎舞竜田上菊舎尼三宅藤麻呂西沢正太郎歩度測定器大日本帝国小曾根乾堂明治時代高浜年尾松丸東魚竹内清人石井露月大島清人春木南湖奥原晴湖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清人の関連情報