コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温海 あつみ

2件 の用語解説(温海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温海
あつみ

山形県西部,鶴岡市南西部の旧町域。日本海に面し,南は新潟県に接する。中・東部は朝日山地に属する山岳・丘陵地帯。 1938年町制。 1954年念珠関村,福栄村,山戸村と合体。 2005年鶴岡市,藤島町,羽黒町,櫛引町,朝日村の5市町村と合体して鶴岡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温海
あつみ

山形県西部、西田川郡にあった旧町名(温海町(まち))。現在は鶴岡(つるおか)市の南西部を占める地域。西は日本海に臨み、南部は新潟県に接する。旧温海町は、1938年(昭和13)町制施行。1954年(昭和29)念珠関(ねずがせき)、福栄、山戸(やまと)の3村と合併。2005年(平成17)藤島、羽黒(はぐろ)、櫛引(くしびき)の3町および朝日村とともに鶴岡市に合併。地名は、河中に湧出(ゆうしゅつ)した温泉で海も熱くなったことに由来する。岩石海岸の農漁村部を除く地域の大部分は越後(えちご)山脈に属する摩耶(まや)山塊で占められる農山村。古代織として知られる関川の「羽越しな布」は国の伝統的工芸品に指定されている。JR羽越本線、国道7号(おばこおけさライン)、国道345号が通じる。近海漁業の基地鼠(ねず)ヶ関には勿来(なこそ)、白河と並ぶ奥羽三関の一つ、念珠関跡がある。山五十川(やまいらがわ)の玉スギ、早田(わさだ)のオハツキイチョウは国指定天然記念物。[中川 重]
『『温海町史』全3巻(1978~1991・温海町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温海の関連キーワード山形県鶴岡市今泉山形県鶴岡市大山山形県鶴岡市黒川山形県鶴岡市三瀬山形県鶴岡市関川山形県鶴岡市藤島山形県鶴岡市宝谷山形県鶴岡市水沢山形県鶴岡市由良山形県鶴岡市早田

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

温海の関連情報