コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清信 きよのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清信 きよのぶ

?-? 室町-戦国時代の画家。
周文の技法をまなび,狩野正信(かのう-まさのぶ)(1434-1530)の門にはいる。藤原信実(のぶざね)筆とつたわる歌仙絵にならって柿本人麻呂(かきのもとの-ひとまろ)像をかいたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清信の関連キーワードスパルタ教育 くたばれ親父鳥居清春(初代)鳥居清倍(2代)鳥居清重(初代)鳥居清忠(初代)鳥居清倍(初代)鳥居清信(2代)鳥居清元(初代)海鮮しぼり焼大田原扶清鳥居清重奥村政信鳥居清元狩野休円戸部清延羽川珍重近藤清春西村重長松岡能一両巴巵言

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清信の関連情報