コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌仙絵 かせんえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌仙絵
かせんえ

歌仙の絵姿詠歌略伝を書き添えたもの。藤原公任撰出の三十六歌仙を描いたものが多い。すでに 11世紀には柿本人麻呂影供 (えいぐ) に人麻呂の画像が祭られ,12世紀後半には賀茂神社に歌人の姿と和歌を書いた障子絵があった。鎌倉時代には似絵の発達と結びついて流行した。最古の現存作例は 13世紀前半の佐竹家旧蔵本『三十六歌仙絵巻』で,人物表現には似絵の手法がみられる。謹厳な筆致の 13世紀中頃の上畳本 (あげだたみぼん) も著名。その後鎌倉時代を通じて着彩や白描で数多く作られ,なかでも後鳥羽院本や業兼本が著名であるが,次第に形式化した。また『釈教三十六歌仙』や『女房三十六歌仙』の作例もある。室町時代以降,滋賀,白山神社の土佐行広筆の『三十六歌仙扁額』などにみる扁額形式のものも作られた。江戸時代には屏風絵も描かれ,三十六歌仙を群像に描いた尾形光琳筆『三十六歌仙図屏風』は著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

歌仙絵【かせんえ】

歌仙の画像にその詠歌を添えたもの。平安,鎌倉時代,歌合の隆盛とともに流行し始め,似絵(にせえ)の発達とも関係深い。各人の個性を出しながらもシリーズとして変化の流れをみせるよう工夫された。
→関連項目岩佐又兵衛人麻呂影供

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かせんえ【歌仙絵】

歌仙の絵姿を描き,そこに詠歌や略伝を書き添えたもの。藤原公任撰出の三十六歌仙を描く作例が多い。平安時代の歌合の盛行は歌論の発達を促し,古今の優れた歌人に対する尊崇の念を強めた。すでに11世紀には歌仙として最も尊崇されていた柿本人麻呂の像を描かせることが始まっていたようで,12,13世紀には人麻呂の画像をまつって歌道精進を祈念する人麻呂影供(えいぐ)の歌会が盛んに行われている。古聖人の像を描くことは,古くは奈良時代に始まる釈奠(せきてん)での孔子像の例があり,その他紫宸殿の賢聖障子や888年(仁和4)に巨勢金岡が描いた詩聖の像などが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かせんえ【歌仙絵】

三十六歌仙など有名な歌人の姿を描き、それに代表的和歌などを書き添えたもの。鎌倉時代に盛行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌仙絵
かせんえ

和歌に秀でた歌人の画像。鎌倉初期から江戸時代まで盛行し、普通、歌人の肖像にその歌1首を、ときに略伝を添えたものをさす。六歌仙や三十六歌仙などの歌仙の姿絵を画題に扱うことは鎌倉時代の初めごろから盛行するが、その原因としては、当時の和歌の流行と似絵(にせえ)(大和絵(やまとえ)肖像画)の隆盛とが結び付いて興隆したものと考えられている。その後近世に至るまで巻物、画帖(がじょう)、扁額(へんがく)などの諸形式にわたって制作され、遺品の数も多い。なかでも藤原信実(のぶざね)絵・後京極良経(ごきょうごくよしつね)書と伝える佐竹家旧蔵の『三十六歌仙絵巻』(鎌倉時代)がもっとも有名。もと2巻からなり、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)以下36人の歌仙を似絵の形式で描いたものであるが、現在は1像ずつ切断されて諸家に分蔵されている。また上畳(あげだたみ)本とよばれるものは、各歌仙が上畳の上に座す姿で描かれ、やはり巻物であったのが分断されて伝わり、ほかに『釈教三十六歌仙絵巻』の断簡も伝存している。近世には形式も多岐にわたり、ことに神社に奉納する扁額に歌仙絵が盛んに用いられ、岩佐勝以(いわさかつもち)(又兵衛)筆の『三十六歌仙絵額』(川越市・喜多院(きたいん))などが残る。このほか狩野探幽(かのうたんゆう)筆『新三十六歌仙画帖』や尾形光琳(こうりん)筆『三十六歌仙図屏風(びょうぶ)』なども有名である。[村重 寧]
『森暢編『新修日本絵巻物全集19 三十六歌仙絵』(1979・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歌仙絵の関連キーワード東北院職人歌合絵巻貴船神社(京都市)東北院職人歌合山本 唯三郎蒹葭堂雑録三十六人集常総(市)藤原良経職人歌合藤原信実田中訥言多賀大社鈴木春信職人尽絵土佐邦隆百人一首小大君美人画歌合絵喜多院