清原英之助(読み)きよはら えいのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原英之助 きよはら-えいのすけ

1852-1916 明治時代の漆芸家。
嘉永(かえい)5年4月8日生まれ。清原千代の夫。明治15年イタリアへ帰国するラグーザに妻とその妹ラグーザ玉とともに同行。17年パレルモ工芸美術学校の漆工教師となる。帰国後千代とともに実習学館と女子美術学校を開校し美術教育の普及につとめたが,芝公園開設のため土地を買収され,廃校となった。大正5年死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android