コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美術教育 びじゅつきょういく art education

3件 の用語解説(美術教育の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美術教育
びじゅつきょういく
art education

職業的専門的教育を施すものと,初等・中等学校における一般的な情操教育としての教育,さらに美術館,展覧会などの社会教育の一環としての啓蒙的教育に大別される。職業人養成の教育は,ヨーロッパでは 17~18世紀にアカデミーが創立されるまで,日本では明治の帝国美術学校創設まで,主として徒弟奉公の形態でなされ,今日では各種の公私立教育機関によって果されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

びじゅつきょういく【美術教育】

描線,彩色,構成などの造形活動を通じて表現能力を伸ばし,美的認識と美意識をはぐくみ,人間形成をはかる教育。そこでは,造形技術の修得と感情の陶冶が中心におかれる。その領域は,絵画,版画,彫刻,デザイン,工作,鑑賞などがふくまれる。 画家や彫刻家などの専門家を養成する教育は古くから存在していたが,普通教育において美術の教育的価値を認めるようになるのは19世紀の終りころから20世紀にかけてである。ちょうど,イギリスサリーJames Sully(1842‐1923)が児童画の研究を行ってその表現の重要性が認識され,オーストリアのチゼックFranz Cizek(1865‐1946)が子どもの自己表現と創造性を認めて児童美術の学校を開いたころである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美術教育
びじゅつきょういく

美術教育は2種類に大別され、美術の専門家養成や愛好家の知識・技術を深めるためのものと、幼稚園、保育所、初等・中等教育段階で展開されるものとがある。
 前者はおおむね「美術の教育Education for Art」を柱にした教育的な活動であり、表現および鑑賞にかかわるすべての力の形成を目ざすものである。たとえば、平面表現力、立体表現力、心象表現力、適応(目的)表現力、鑑賞力、技法理解、技術・技能の獲得、美術理解、美術史理解、作家理解等々があげられる。後者は「美術による教育Education through Art」を基底理念にした、究極的には豊かな感性、知性あるいはコミュニケーション力等の人間形成を目標とする教育活動である。
 師伝(師匠から伝授されるもの)という視点で美術教育をとらえるのであれば、西洋中世の徒弟制度における活動等は前者の美術教育の典型である。あるいは近年の絵画教室や新聞社主催の文化教室等における活動も前者に包含される。一方、後者は、日本においては明治初頭の学制を節目に、普通教育のなかに位置づけられて、時代の要請や影響を受けて紆余曲折を経験しながら、いまなお進化(深化)の過程にある教育の一つである。以下、後者(美術による教育)について記述する。[大林正昭・若元澄男]

沿革

日本における普通教育としての美術教育は1872年の学制からであり、画学や罫画(けいが)が教科としてあげられていた。1881年の小学校教則綱領からは図画という名称が使用されるようになった。大正期に自由画教育運動が起こるまでの間は、鉛筆画から毛筆画への転換や手工教育の開始などの動きがみられるものの、実用主義を旨とし、手本を模写する臨画主義の教育が大勢であった。このような教育は美術教育ではないと、洋画家山本鼎(かなえ)によって非難されたのも理由のないことではない。日本美術教育史に期を画する自由画教育運動は彼によって提唱された。この運動によって、児童画の価値が認識されるようになり、子供の個性を尊重し創造性を育てていくことが美術教育の原理となった。自由画教育運動以後今日までの美術教育史は、この運動からなんらかの影響を受け、その欠点や偏りを補い修正していこうとするものであった。[大林正昭・若元澄男]

現代

先人の努力にもかかわらず、学校等における美術教育はいまだ盤石の地位を獲得していない。このことは、作品主義に象徴される美術教育の実態、すなわち機能や役割に関する誤解・認識不足が主たる原因とも考えられる。作品を巧みに制作するための技術習得だけが美術教育の目標という解釈が、社会的に払拭されていない。
 美術教育の本質的目的は、極言すれば「表現と鑑賞を通し、人をつくる」に帰着する。教師のイメージする完成像に向かって、作品を描かせ、つくらせ、それで終了ではない。とりわけ学校等における美術教育は、「みる・かく・つくる」活動(表現と鑑賞)とともに、美術力(感じる力、考える力、みる・かく・つくる力)を錬磨するものでなければならない。
 感じるのは脳、考えるも脳、そして人が、みる・かく・つくることができるのも脳によるものである。そうであれば、美術力形成は脳を鍛えることにもなり、ひいては人間力に直結する。このように「人づくり」と重なることが、学校に美術教育が存在する意味を裏づけることになる。[大林正昭・若元澄男]
『山形寛著『日本美術教育史』(1988・黎明書房) ▽若元澄男編『図画工作・美術科――重要用語300の基礎知識』(2000・明治図書出版) ▽大橋功他監修『美術教育概論』改訂版(2009・日本文教出版) ▽藤澤英昭・水島尚喜編『図画工作・美術教育研究』第3版(2010・教育出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の美術教育の言及

【図画教育】より

…第2次大戦前では図画科という名前で図画教育が行われていたが,今日,その名称は小学校においてのみ図画工作科という形で残っている。しかし,これも中学校,高等学校の美術科,芸術科と同様に美術教育をめざす教育になっている。 図画教育と美術教育はともにart educationとして,その内容で重なるところは多いが,歴史的にみると,その発想では異なっている。…

※「美術教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

美術教育の関連キーワードスポンサー活動図画教育描線モホリナギ気脈を通じるプロダクトプランニングジム友種の保存ボーダレス・アートミュージアムNO-MA夢をはぐくむ体験活動サポート事業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美術教育の関連情報