コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清岩里廃寺 せいがんりはいじ Ch‘ŏngamni‐p‘aesa

1件 の用語解説(清岩里廃寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいがんりはいじ【清岩里廃寺 Ch‘ŏngamni‐p‘aesa】

朝鮮民主主義人民共和国,平壌特別市大聖区域清岩里にある三国時代高句麗の寺院址。大同江右岸の清岩里土城内にあり,1938年に発掘調査された。その結果,平面が八角形の建物を中央に置き,その東・西・北の三方に堂宇と,南方に中門を配置するという,一塔三金堂式の伽藍であることがわかった。北方建物の北側の台地でさらに数棟の建物跡が認められたが,いずれも高麗時代のものである。《三国史記》によると,文咨王7年(498)に〈秋七月創金剛寺〉と記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の清岩里廃寺の言及

【飛鳥美術】より

…法興寺の伽藍配置は四天王寺式とみなされていたが,1956‐57年の発掘によって,塔を中心に三面を金堂が囲むという予想外の形式が明らかになった。これは日本や百済にも見られず,高句麗の清岩里廃寺に類似するにすぎない。東西金堂は重成基壇(二重基壇)で,下成基壇に礎石が並ぶ例は百済の扶余にも存する。…

【高句麗】より

…冠の透し彫には草花文や忍冬文があり,これらは北魏から受容し,新羅や日本に伝えたものとみられる。平壌市東方の清岩里廃寺の伽藍配置は,一塔三金堂様式で,百済の扶余軍守里寺跡や日本最古の飛鳥寺跡と同じ配置である。高句麗寺院では軒瓦のさきにつく瓦当が盛行し,その特色は赤色系統で蓮華文が多く,線が鋭く,陰陽が明瞭な点である。…

【朝鮮美術】より

… 4世紀後半に仏教が高句麗に導入されて各地に大規模な伽藍が建設された。平壌の東北にある清岩里廃寺,上五里廃寺址,平原郡元五里廃寺址などの寺址が有名である。清岩里と上五里は八角の建物を中心に左右と後方の3方に仏殿を配し,日本の飛鳥寺との伽藍配置の類似が注目される。…

※「清岩里廃寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清岩里廃寺の関連キーワード北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国人民民主主義平壌松林羅津KCNA脱北北韓南朝鮮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone