清律(読み)しんりつ(英語表記)Ch`ing-lü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清律
しんりつ
Ch`ing-lü

中国,清代の基本的な刑法典。順治3 (1646) 年の『清律集解附例』 (10巻) は,清朝最初の律と条例で,おおむね明律 (→大明律 ) を踏襲して,名例 (総則) 以下,,戸,礼,兵,刑,工の7編から成る。その後,たびたび条例が増補されたが,律は基本法で内容的にあまり変化はなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんりつ【清律 Qīng lǜ】

中国,清代の基本的刑法典。1646年(順治3)に《清律集解附例》10巻(康熙本では30巻)として成立。明律(みんりつ)をほとんど踏襲したもので,名例,吏,戸,礼,兵,刑,工の7律から構成される点も同じである。1725年(雍正3)に一部改訂し,条例を加えて《清律集解附例》30巻が,1740年(乾隆5)には《清律例》47巻が刊行され,以後も条例部分が時勢に応じて増修された。1910年(宣統2)《清現行刑律》が施行されるまで大筋において変わらなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android