コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大明律 だいみんりつDa-ming-lü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大明律
だいみんりつ
Da-ming-lü

中国,明代の基本法典。 30巻。洪武 30 (1397) 年に頒布されたもので,明,清時代を通じて刑法の根本となった。これ以前にも幾度か修定されたが今日通行しているのはこの大明律である。その編目行政官庁である吏,戸,礼,兵,刑,工の6部に応じて6律に分れ,それに名例律を加えた7律から成り,基本原則は唐律 (→六典 ) を受継いでいるが,たとえば外国人犯罪について属人主義より属地主義へと変じているなどの改正もある。日本,朝鮮,安南の法律に影響を与え,日本においては,特に幕末の各藩律の母法となった。法制史上唐律と並んで最も重要なもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大明律
だいみんりつ

中国、明(みん)代の刑法典。明律ともいう。明の太祖洪武帝(こうぶてい)が、李善長(りぜんちょう)に編集を命じ、唐律を理想として建国の初め1367年に制定した律。ついで1374年、89年、97年と改訂を重ねた。74年律は唐律同様12律であったが、89年律は名例律と吏・戸・礼・兵・刑・工律の七律。97年律も同様で30巻460条。明律は宋(そう)・元以来の刑法の影響で刺字(しじ)(いれずみ)の刑や凌遅処死(りょうちしょし)の極刑が加わり、裁判時の法が犯行時まで遡及(そきゅう)するなどの法適応の原則の変更もあった。[川勝 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大明律の関連キーワード明の時代(年表)明律国字解榊原篁洲大明会典律令格式吏読文字鄭夢周清律

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android