大筋(読み)おおすじ

精選版 日本国語大辞典「大筋」の解説

おお‐すじ おほすぢ【大筋】

〘名〙
① 物の表面に現われた線のやや太いもの。太い縞。
※宗湛日記‐慶長一〇年(1605)五月二五日「釜は古のかつき、肩に大筋あり。脇に小筋」
② 筋肉、腱の太いもの。
※三河物語(1626頃)三「あしの大すぢをきりて」
③ 物事の内容の大体のところ。また、根本的なところ。あらすじ。大略。大綱。
※玉塵抄(1563)六「仁義の大すぢの道は一ぞ」
④ 大きなウナギ。
※歌舞伎・謎帯一寸徳兵衛(1811)中幕「『コレ、こんな大筋(オホスヂ)を四五本取ったワ』と手盥(てだらひ)の中の鰻を見せる」
⑤ 和船の部材の名称。弁才船など大型和船の垣立(かきだつ)を構成する二~五本の縦通材をといい、表垣立の最下部を通すもっとも幅の広い筋をいう。釘かくしの金具で装飾されるため、玉縁とも。〔森岡家文書‐要徳丸新艘帳(1844)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大筋」の解説

おお‐すじ〔おほすぢ〕【大筋】

物事の内容のだいたいのところ、また、基本的なところ。あらまし。大略。「話の大筋をつかむ」「大筋で合意に達する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android