大筋(読み)おおすじ

精選版 日本国語大辞典 「大筋」の意味・読み・例文・類語

おお‐すじ おほすぢ【大筋】

〘名〙
① 物の表面に現われた線のやや太いもの。太い縞。
宗湛日記‐慶長一〇年(1605)五月二五日「釜は古のかつき、肩に大筋あり。脇に小筋」
② 筋肉、腱の太いもの。
※三河物語(1626頃)三「あしの大すぢをきりて」
物事内容の大体のところ。また、根本的なところ。あらすじ。大略。大綱
※玉塵抄(1563)六「仁義の大すぢの道は一ぞ」
④ 大きなウナギ
※歌舞伎・謎帯一寸徳兵衛(1811)中幕「『コレ、こんな大筋(オホスヂ)を四五本取ったワ』と手盥(てだらひ)の中の鰻を見せる」
和船部材の名称。弁才船など大型和船の垣立(かきだつ)を構成する二~五本の縦通材を筋といい、表垣立の最下部を通すもっとも幅の広い筋をいう。釘かくしの金具で装飾されるため、玉縁とも。〔森岡家文書‐要徳丸新艘帳(1844)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「大筋」の意味・読み・例文・類語

おお‐すじ〔おほすぢ〕【大筋】

物事の内容のだいたいのところ、また、基本的なところ。あらまし。大略。「話の大筋をつかむ」「大筋合意に達する」
[類語]概略概要大要あらまし概括粗筋大枠枠組みアウトラインフレーム骨格大局大綱骨組み目安大意大略大概概況あらかた輪郭縮図レジュメ抄録摘要提要梗概

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android